転職に失敗しない履歴書の書き方

 履歴書はその人を知る大切なものです。履歴書の書き方で合否が決まることもあります。履歴書はアルバイトやパートの応募くらいしか書いたことがない方もいると思います。転職を成功させるためには書き方のコツがありまります。どのように書くとよいのでしょうか。

 

●字は丁寧に

 

 基本的なことですが、相手が読めなければなりません。相手が読めるように丁寧に書きましょう。字が下手でもゆっくり落ち着いて書けば相手が読める文字を書けます。字は人を表すというように、その人の心を表しています。がさつな人は乱暴な書き方だし、何事も丁寧に行う人は相手が読みやすいきれいな字を書きます。心を込めて書きましょう。

 

●基本のフォームで書く

 

 コンビニや文房具店で販売されているもの、コピーできるものなど何でもよいですが、一般的な履歴書のフォームで書くのが無難です。オリジナルの履歴書を作る方がいますが、センスが必要なので難しいです。一般的なものであれば失敗が少ないです。

 

●正確に書く

 

 何度も転職をしているとあまり良い印象をもたれません。しかし、正確に書くことが大切です。どうして何度も転職しているのか答えられるようにしてましょう。

 

●志望動機をきちんと書く

 

 担当者は志望動機を見て会社や仕事内容のことをきちんと理解しているか判断します。会社のことをよく調べ、入社したらどんなことをしたいのか具体的にきちんと書けるとよいです。何に自分が貢献できるのかを伝えましょう。基本的なことができていれば失敗することはありません。ゆっくり落ちついて書いてみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ