フリーランスの転職で気を付けたい保証について

サラリーマンからフリーランスへの転職

 

 これまでずっと、新卒からいわゆるサラリーマンをしている人で、フリーランスへの転職を考えている人は少なくありません。若い20代だけではなく、マネジャーレベルまでいった30代でも、何かしらのスキルを磨いてフリーランスに転職を考える人も増えています。

 

 ただ、特にこのように、ずっとにあたっては、サラリーマンをしていて、他社企業への転職ではなく、単身のフリーランスになるという場合には、転職するときに気を付けないといけないことがあります。その一つが社会保証です。

 

社会保障について

 

 実際、フリーランスに転職をすると、社会保障も、まったく違ってきます。サラリーマンであれば、会社任せだったという人も多いのではないでしょうか。しかし、フリーランスになった場合、自分で加入し、支払し、対応しないといけません。

 

 また、女性であれば、出産育児における保障についても、考えておいた方がよいでしょう。会社にいれば当たり前にあるものも、フリーランスではかなり違ってくるからです。

 

まとめ

 

 生活が懸かってくる転職です。新しい仕事内容や得られる収入だけではなく、それから先の保証についてもきちんと確認をすることが大事です。


ホーム RSS購読 サイトマップ