辞める前に転職先を決める

 転職したいと考えた時に、仕事を続けながら転職活動をする時間はない、一旦仕事を辞めてからゆっくり探そうと思うことがあります。しかしこのように辞めてから活動をするというのには、様々なリスクがあります。

 

 無職の状態で仕事探しをするので、万が一次がなかなか決まらなかった場合には、生活の心配が出てくることがあります。職探しの時間はたくさんあっても、焦りが出てきますので、上手くいくことばかりとは限りません。転職活動を始めた後で、思ったよりも厳しかった、なかなか次が見つからないという状況に陥らないとは限らないので、保険の意味で今の仕事を続ける方が良いのです。

 

 採用する側の立場に立って考えたとしても、仕事を辞めてから時間が経ってしまっている人が応募してきたら、何かあるのかなと思って躊躇してしまうことがあります。

 

 また仕事を辞める時に、次の仕事が決まっていないと強く引き止められる場合が多いです。いつから次の職場で働くことになっているとわかると、引き継ぎなど具体的な話にもなるのですが、決まっていない状態では、なかなか強く押し切るのが難しいことがあります。

 

 辞めるまでに次を決めるのは難しいことも多々あります。転職活動と仕事を両立しなければならず、日程が難しいなどの状況もあります。しかしそういったデメリットを考えても、次を探してから辞めた方がお勧めです。

 

【特集ページ】
40代転職【徹底】解説ナビ
40代の転職を徹底解説します!

 

 独身で養う家族もない、ある程度貯蓄がある、一人暮らしではなく実家暮らしなどの状況だったら良いのですが、そういった状況でない場合は仕事を続けながら転職活動をしましょう。私は2回転職をしましたが、どちらも仕事を続けながら活動をしました。次が決まっているという安心感は大きかったです。


ホーム RSS購読 サイトマップ